エネファームの仕組み

昨今のエコに対する注目度は非常に高く、車や住宅などあらゆるところでエコの文字を目にする機会が増えてきています。そんなエコにまつわる住宅システムの一つがエネファームと呼ばれるシステムで、エネファームはガスを利用することによって発電と給湯を同時に行うそうですがその仕組みについてはあまりわかっていないという方のほうが正直なところ多いのではないでしょうか。ただ導入するかしないかで環境に掛ける負担は大きく異なるそうなので、興味がある方は是非エネファームについて知っておいてください。

 

エネファームは燃料電池ユニットがメインとなって電力を生み出します。燃料電池ユニットにガスと水蒸気を注入し、内部で化学変化を発生させる事によって水素を取り出します。取り出した水素を元にして電気を発生させて交流電気に変換した後家庭内に送りこむそうです。そして発電中には熱を発するのでその熱を利用して貯水タンクの水を温めることでお湯を沸かし、お風呂や床暖房など様々な形に利用することで普通の給湯器を用いるよりもお得かつ効率的にお湯を利用できます。更に詳しい説明はエネファームの公式サイトなどでもわかりやすく説明しているので気になる方はそちらも確認してください。