エネファームによる環境保護

エネファームは燃料電池を利用する事によって発電と給湯を同時進行で行なう事が出来る住宅システムで、普段の光熱費を大きく削減する事が出来ることから家計の大きな助けになってくれることで知られていますが、それ以上にエネファームを導入する事によって環境保護に大きく繋がるという事が大きなポイントとして知られています。エコが様々な業界に広がっている今エネファームは非常に大きな注目を集めていますが、エネファームによる環境保護の効果は一体どの程度のものなのでしょうか。

 

エネファームによる環境保護効果は非常に高く、一年間一般的な生活をエネファームを使用しながら行なった場合は年間のCO2排出量を1.5トン削減する事が出来るそうです。この量は約3300㎡のブナの森林が吸収するCO2と同じ量とされており、その性能の高さが伺えます。どうしてここまでCO2 排出量が変わるのかというと電力会社から電気を得ている場合遠くの電力会社から送られる電力はどんどん減少していってしまうのでその分多くの電力を贈り続ける必要があるためその分のロスをエネファームを利用することで一気に削減する事が出来ることからここまで大きくCO2排出量を削減することが出来るのだそうです。