導入費用

a0002_005977

 

最近エコつながりの製品に人気が高まってきていますが、エネファームは燃料電池を利用する事によって発電と給湯を同時に行う事が出来るシステムで、環境保護に繋がることから国も導入を推進していることで話題となっています。そんなエネファームですが、名前は知られているものの実際に導入している方はそれほど増えてきていないそうで、その理由として挙げられるのが高額な導入費用だといいます。補助金などもあるのにも係わらず高額だといわれるエネファームの導入費用はいったいいくらくらいなのでしょうか。

 

エネファームの導入費用は現時点で300万円を越え、補助金を使用しても200万円以上は確実に支払わなければならないといいます。そこまで高額になる理由は色々あるそうですが、やはり新しく作られたシステムということもあってそこまで大量生産することも出来ないことからどうしても製造コストが掛かってしまうのだそうです。それ以外にも高額になる原因はあるといいますが、どうにかした安く導入出来るようにしないとせっかく導入しても元を取る事が中々出来ないまま呼称したりしてしまう可能性もあるので可能な限り導入費用を安くする事が出来る様これからの発展に期待が高まるところです。