デメリット

最近は地球環境を考慮した住宅システムが注目を集めるようになり、国もそれらの製品の導入を勧めるように動いています。エネファームもそんなシステムの一つで、ガスを利用する事によって発電と給湯を同時に行うことで効率よくエネルギーを利用する事が出来ると共に普段使用する電気料金の削減にも繋がったりといろいろなメリットがあることで知られているのですが、どんなものでもメリットしかないというものは存在せず、残念ながらエネファームにもデメリットがいくつか存在するそうです。ではそんなエネファームのデメリットとは一体どのようなものなのでしょうか。

 
エネファームの最大のデメリットは導入費用が非常に掛かるという点が挙げられます。エネファームは生まれたばかりの最新システムでまだ大量生産することも出来ないことから製造コストが驚くほどかさむため導入費用に300万円ほどとかなりの額を必要とするそうです。その他のデメリットとして挙げられるのはスペースの問題で、エネファームで和解したお湯は一旦貯湯タンクに保管しなければならず、貯湯タンクを置くためのスペースを確保する必要があります。さらにタンクが満杯になったら発電がストップするのでお湯を使わない場合は全く発電されないままになってしまうことも注意が必要です。